So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎12話の感想 タイトルは同女城主直虎です。 [ドラマ]

この12話はいきなり井伊直親が襲われたシーンから
入りました。闇討ちもいいところですね
計画的な犯行だったんでしょうね。しかしもう
直親が殺されるなんて、早いなあ・・・
惨殺ですね。今川方(朝比奈軍)は用意周到だったんですね。

直親の遺体が帰ってきたときは本当につらかったです
次郎法師も生きて帰ってくるように祈っていたのですが
残念でした。井伊家はかなしそうでした。

まだまだ井伊家の不幸は続きます
しかしこれほど男衆が死んでいたったのですね
井伊家は直平も・・・左馬助、直由も・・・
誰もいないですね。虎松は幼少だし 不安だらけです
守るべき大人の男性がいないですね。
こんな状況です。そうあの人あの人が戻ってきました

小野但馬守政次生きていましたね。さらに悪くなって
出てきました。親子ともども井伊家に迷惑をかけていくんですね。
本当に悪そうです。演技がうまいなあ!悪役!きれいに演じていました。
そしてついに本当の直虎としてのドラマが始まるんですね。

こんな苦境を乗り切っていたんですね。想像がつかないです
なぜこんなにがんばれるんでしょうか?私だったらすぐに
あきらめてしまいます。
井伊直虎.jpg
しかし格好よかったなあ!颯爽と登場 井伊直虎!
”我が井伊直虎である”
ところで南渓和尚本当にただ者ではないですね。
この人が城主になったほうがよかったんではないでしょうか?
お坊さんた辞めて軍師のほうが良いと思います。
絶対すごかったのではないでしょうか!

さあ!これから井伊直虎がんばれ!最後まで応援するぞ!







女城主直虎11話の感想は、さらば愛しき人よです。 [ドラマ]

11話オープニングはいきなり石川数正が登場しました。
松平元康の家臣、石川数正と申す!と言って、
颯爽とした登場でした。数正はこのころもういたんですね。
譜代の家臣だったのですが将来家康を裏切るんですよね。
豊臣家に寝返ってしまうんですよね。

しかし瀬名姫と竹千代、亀姫たちが人質交換で生還して
本当によかったですね。でも残念ながら
瀬名の母・佐名とその夫は、娘婿の謀反によって自害を命じられた
ようで、自邸で命を絶たれたということです。

松平元康からの使いだという山伏が来て贈り物と
手紙を取り出し次郎法師に渡しました。瀬名姫たちを助けた
お礼ということで、手紙は元康からの誘いの手紙した。
戦の前に戦国時代は味方につけようといろいろ手さぐり、
暗躍とかがあったんでしょうね。

いよいよ松平元康と対面・・・・・しかしこれは・・・

この後一時的に3人が井戸に集まって
良い日が戻りました。ほのぼのと・・・昔に戻ったようだと
naotora2.jpg
しかしまた松平家からお礼の僧が・・・・最少に来たのはなんと
今川家が仕組んだ罠だった、やはりどこまで行っても謀略ですね
松平家、瀬名姫に井伊家を守ってくれるよう頼みましたが
切ないものです。小国は・・・昨年の真田家もまわりの
大大名に翻弄されました。次郎法師は井伊家のために懇願したのでしょうか?
それとも愛する男のために懇願したのでしょうか?

別れの時が来るんですね。
直親も生きて帰ってくるとは思っていなかったでしょうね
だからドラマでもみんなに別れを告げに来たのでしょうね。
直親の妻も、そして次郎法師も
最後はあつく抱擁していました。直親のたった一つの美しい思い出が・・・
次郎法師も泣きじゃくっていましたね
もう2度と、もう2度と生きて会うことができないなんて
戻ったら一緒になってくれなんて、次郎法師も”うん”って・・・・
sibazaki .jpg
それにしても今回の大河ドラマ、小国のお話ですが早くもまた
重大なシーン、局面を迎えようとしています。

がんばれ次郎法師!







女城主直虎10話の感想は走れ竜宮小僧です。 [ドラマ]

奥山朝利が殺されました、小野政次に・・・
何があったんでしょうか。
巨根の真田丸序盤もそうでしたが小さな大名は
謀略などが多かったのでしょうね。井伊家だけでは
ないのでしょうね。いろんなところで謀略とか
あったのでしょうね。今回の事件は謀略なのかどうか
よくわからないのですが・・・・

直親の妻になっている奥山殿の娘【姉】、さぞつらかったでしょうが
小野家の代理人がなんと桶狭間でなくなった小野玄蕃の妻、しの妹の
なつでした。しかし複雑です。理解するのも苦労します。
戦国時代は親、兄弟での争いも本当にたくさんありました。
naotora2.jpg
しかし気が付けば井伊谷の中心人物、井伊家を守る男性は
中野直由、新野左馬助、奥山孫一郎しかいないですね
このころの井伊家は本当に大変だったんでしょうね。
naotora1.jpg
しかし、やっと春がきましたね、虎松の誕生・・・
そう、後の、あの赤備えの井伊直政です。

虎松誕生という大きな奇跡の裏で、龍潭寺では、
小さな奇跡が起こっていましたね。
次郎は直親の嫡男誕生の知らせを受け、
井戸に向かって手を合わせ、お礼を述べていた。
竜宮小僧なんでしょうか!絶対に竜宮小僧でしょうね
そう思います。







女城主直虎9話の感想は桶狭間に死すです。 [ドラマ]

ついに、桶狭間です。いきなりオープニングで
織田軍が攻めてきたシーンからでした。あっけなく
あっという間です。でっきりドラマの中盤あたりで
桶狭間の戦いかと思っていたのですが・・・・

今川公討死の知らせを聞いた時さぞかし井伊谷は
天地をひっくり返えるような出来事だったんでしょうね

城や寺に残っていた者たちは総出で、傷を負い戻ってくる兵たちの手当てに当たった。

その中には、重傷を負った奥山朝利の姿もあった。
この朝利は、直親の嫁・しのと、政次の弟・玄蕃の嫁なつの父親
なんと玄蕃は討死していました。
そして次郎法師の父親までも、本当につらかったでしょうね。
井伊直盛pg.jpg
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interv...から引用
井伊家は16人の主力メンバーがなくなったということ
井伊家にとって本当に大事件だったでしょうね。このような出来事が
あって、つらいことを乗り越えて幕末まで繁栄したんですね。
井伊直弼も彦根に帰るとき井伊谷を訪れたということを聞きました。

桶狭間の負け方の武将、当時は普通の武将だった井伊家、
桶狭間で討死する武将のほうのドラマは初めて見ます
とても興味深いです。負傷者を助ける人たちも描かれていました。
本当に負けの方の武将、負けて帰ってくる人たちも
描かれていました

井伊家はこれを境にまだまだ、陰謀があり落ちていくのですね。
最後に奥山も殺されたようですね。

9話で少しだけよかったのはしのが懐妊したということでしょうか!?






女城主直虎8話の感想は赤ちゃんはまだかです [ドラマ]

本日のオープニング、しのは不気味ですね!
女優の貫地谷しほり(31)がおんな城主 直虎で、
井伊直親(三浦春馬)の正室、しのを演じています
4度目の大河出演にして、初めて“強い母親”に
挑戦しているようですね。直親をめぐり、なにもかも正反対の次郎法師(柴咲コウ)
と女同士ぶつかりながらも、頑張っていく姿は良いものです。
sino.jpg
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/...から引用
しかし、しののやきもちというのでしょうか?ドラマでは怖いものがあります。
このやきもちをやくシーンなどは上手に演じているのではないでしょうか?
いやな女としてドラマをみてしまいます。
見る側をその気にさせるとはとても演技が上手ということですね

この時代子供が授からないのは女性、奥方にとってつらいものが
あったんでしょうね。みんなが待ち望んでいるのは跡継ぎですもんね!
どこまで行っても、ついには子供が授からないのは次郎法師の責任とは
いやはやびっくりしたもんです。

刃物はもっているし 本当に死ぬつもりだったんでしょうか?
次郎法師が必死に止めていました。戒めを!
でも向かってきました。次郎法師を本当に殺そうとしたのでしょうか?
別のお坊さんが止めてくれたのでよかったですが・・・

次郎法師の一括、自分の嫁のことだ。自分で何とかしろ!と
この一喝良かったですね。

直盛の妻、千賀がしのに一括するシーンも面白かったですね
直盛が”おーこわー”というような目で見ていましたね。

そして来週はいよいよ桶狭間ですね。織田信長のサイド、あるいは徳川家康の
サイドからしか時代劇は見たことがないので桶狭間で無残に屍を残す側の
ドラマは初めて見ます。別の意味でとても興味深いです。






女城主直虎7話の感想は検地がやってきたです [ドラマ]

今回は今川家の検地を井伊家の直親たちが誤魔化お話ですね、
政次との関係が今後本当に心配ですね。
仲良く井伊家を盛り上げてほしいのですが・・・

政次も親の後をついでいくんですよね。井伊家を陥れていくんですよね
どんどん仲がわるくなっていくんですね。今回の7話でも
少しずつあらわれていままた

この第7話から、阿部サダヲさん演じる竹千代(後の徳川家康)が登場しますね。
去年は真田丸で内野聖陽さんが今までにない家康でしたが、今回の阿部サダオさんが
どのような家康を演じるか、本当に気になるところですね。
これから井伊家に大きくかかわってくる竹千代、徳川家康です。
とても楽しみにしています
竹千代.jpg
http://i-am-freedom.net/?p=1143から引用
川奈(川名?)の隠し里・・昔の人はみんなやっていたんでしょうね
瀬名姫からやっと手紙が到着しました
検地担当役員の特徴がのっていましたね。

このシーンのとき、直親の妻のしのが泣きましたね。これは次郎法師への
嫉妬ですね。
手紙のないようのとおり役員の亡くなった奥さんへの
お経でなんとか良い機嫌で帰っていきました。

桶狭間の戦いまで井伊家の中の話で進んでいくんでしょうね
桶狭間はいつも織田信長の方しか注目されないので
他の負けた武将たちはどうだったのでしょうか?
それも大名の今川義元ではなく、一般の武将の行方が
非常に気になります。
今後はそれを気にしながら見ていきたいと思います







女城主直虎6話感想 初恋の別れ道です [ドラマ]

タイトルに「初恋」とあるだけあって、今回は次郎法師と直親の関係の
お話が多かったですね
自分が死んだ事にして直親と結ばれようと考えた次郎法師でしたが、
思い直す事になります。また、父の跡を継いで家老になった
政次と直親の関係の変化に注目です。段々と間さ政次も
おやじに似てきしたね。史実でのこの2人は不仲だと言われてますが、
今後のどのような感じでドラマが進んでいくのでしょうか?

またついに亀乃丞は、名前を「井伊肥後守直親」と改めました。
しかし帰参の許しもそうですが今川家のお顔を伺わなければ
いけない井伊家も大変厳しいですね、

新野左馬助も動いてくれますが・・・
この武将はいい色をだしていますね!史実もそうですが
今回の演技者の刈谷俊介さん、ベテランらしく演技も
絶妙です。本当に良い色をだしていると思います
niino.jpgniino.jpg
直盛の妻、千賀の兄(あるいは父親とも)にあたる人物です。
新野左馬助はもともと今川家の一族です、井伊家の目付けとして
井伊谷に送り込まれた人物として知られているのですが、
後に彼が取ったとある行動が、井伊家1000年の歴史における
大恩人とまで呼ばれるようになっていくようです。

最後の直親と次郎法師の法抱擁シーンは昔の月99をみているような
感じがしました。ほのぼのとほんのひと時の幸せなんでしょうね・・・






女城主直虎5話感想は亀乃丞帰るです [ドラマ]

ついに、ついに信濃に逃れていた亀之丞が
井伊谷に帰ってきます。帰ってきたのです

この回から主演の柴咲コウさんや高橋一生さん、
そして三浦春馬さんが本格的に登場しますね。
いよいよ始まりといったところでしょうか!
naotora2.jpg
http://kaidokanata.blog51.fc2.com/blog-entry-1379....から飲y9王
次郎法師ですが柴咲さんが演じていてるので
やはりとてもきれいな法師になったいます
柴咲さんの話し方、子役の時の話し方(おとわちゃん)
イントネーションが一緒のようにしゃべっていました
よく話し方が変わるのドラマがあるので
さすが柴咲コウさんといったところです。なんとなく
こどもの雰囲気を残しながらの演技、とても上手です。
またうまく演出できていました。

この回はあの小野政直が亡くなりました。その結果
井伊家は亀之丞(井伊直親)を呼び戻す事になったのです
1554年のことらしいですね。あの桶狭間まであと6年と
いったところです。
しかし本当に悪者役、何回も言いますが本当に上手ですね
真田丸の大蔵局といい、主役を際立たせていますね
よく言います。悪者役は本当に演技の上手な人でないと
つとまらないと!
鶴松も元服して小野但馬守政次と名乗っていました。
この人物も父親の後と同じように井伊家を陥れていくのですね
今はいい感じなんですが
小野政直と政次の会話で息子の将来を予言して息を引き取る政直が
いました。複雑な感じでした。

井伊直平=前田吟も政直と対立する役柄も絶妙です

それにしても次郎法師と亀之丞(井伊直親)の再会は
感動のシーンでしたね。なんか早くも涙がでてきました。

亀之丞(井伊直親)が帰ってきてこのまま井伊家は安泰
というような感じがするのですが・・・
井伊一族.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2079580/photo/5/から引用
naotora1.jpg
https://matome.naver.jp/odai/2148617803408755901から引用
これから一気に
存続の危機に陥っていく姿、本当は見たくないのですが・・・
苦難の時代が続いていくのですね。

女城主直虎最後まで応援します。
早めに井伊谷地区や新野を訪れたいと思います。
その時は報告いたします。






女城主直虎4話感想 おとわちゃんが次郎法師に! [ドラマ]

今回の4話に感想はおとわちゃんが次郎法師に
なったことと、柴咲コウが最後に登場したことが
一番印象深かったことでした。

本領安堵、井伊家を守るため出家したのですね。
かわいそうな感じがしました。

南渓「あの子はたった十歳で、今川の命令をくつがえしたのだ。
ご初代様を拾った神主が『これはただならぬ子』と言ったらしいが、
わしはあのとき今川の館でのおとわを見て、
『ただならぬ子』とは、まさしくこのようなものをいうのであろうと思った」
と言っていました。やはり何か特異なものを感じたのでしょうね。

いろいろお寺の中では苦労した(苦労をしていた)ようですね。
本当にいろんな困難がこれから待ち構えていますが
将来が楽しみな次郎法師です。

このドラマが始まるまで、あまり直虎やその周辺の一族は
よくわかりませんでした。知識をいれるため少し本を
読ませていただきましたが・・・
新野左馬助は本当にこのドラマで知りました。
niinosamanosukeposter.jpg
http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shakyo/kanko/...から引用
niino.jpg
http://kamilog-media.com/archives/1092から引用

今まで子供の野球(ソフトボール)でよく静岡県の新野町を
とおりましたし、この近辺で試合もしました。

この土曜日も、子供のソフトボールの練習でこの近辺のグランドを
使用しました。沿道には新野左馬助公ののぼりがたくさんありました。
一度展示館などを除きにいきたいと思います。郷土の誇りの
武将のようです。もう少しこのあたりの勉強をしたいと思います。
そして必ず井伊谷地区も訪れたいとお思います

ドラマの最後に満を持して柴咲コウさんが登場しました。
sibazaki .jpg
http://mantan-web.jp/2016/11/16/20161116dog00m2000...から引用
おとわちゃんがでなくなるのはさみしい感じがしますが
大人になった次郎法師も応援します。







女城主直虎感想3話 おとわ危機一髪です。 [ドラマ]

3話もとわちゃん大活躍ですね。びっくりしました
otowa.jpg
考え抜いた結果、なんと頭を中途半端にそっていました。
みんなびっくりしていました。しかしこれが井伊家にとって
大騒動になってしまいました。小野直政はすぐ駿府の
今川家に告げ口をしていました。
持ち帰った書状を直盛が弱々しく読み上げていましたね。
とわを人質に渡せと!!
万一この命令に背くようであれば、打ち首もやむを得ない
ということでした。直盛は落胆していたのですが直平は
怒りをあらわにしていました。井伊家の将来を思うと
本当に不安で仕方がないですね。

とわは、苦悶の表情を浮かべる父を直視できず、龍潭寺へ駆け込み、
南渓に泣きついていましたね。とわの出家をみとめてもらうため
駿府の今川家に乗り込みます。そして先輩格の雪斎に相談しますが
今一反応が鈍いですね。
とわちゃん、駿府の街並みに興奮していました。
井伊家の人質として直平の娘、佐名ともあいました。

結局はとわちゃんはなんとか窮地を脱して井伊谷に帰ってきました。
よくがんばりました。それにしてもこの間、太守様の今川義元、
そして寿桂尼様とも出会いました。なんとまあ幸運な女性
なのでしょうか?なかなかこうはいかないものです。

ちいさな井伊家、大河ドラマでなかなかこのような小さな
武将を取り上げるのはないですね。徳川時代になってからは
誰もが知っている井伊になりますがこの時期は本当に
大変だったのですね。このちいさな井伊谷での出来事は
大変興味があります。こんな地味な大河ドラマ、今までないですよね
興味深く視聴しています。真田丸もそうでしたが1年間
応援します。
がんばってください女城主直虎!!