So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎25話の感想 材木を抱いて飛べです [ドラマ]

材木の買い手がいてよかったですね。
布の商売もうまくいっているようで
少しずつ、井伊家は借金を返済していっているようですね
直虎は子供たちの手まで借りて、総出ですべての材木に「井」の
焼印を押していました。子供たちも楽しそうでした。
直虎も一緒に船に材木を運んでいました。領主、民が一体でした。
瀬戸方久.jpg
次から次へといろんなことがこの小さな地域でおきますね
今川が城を築くという話、確かにびっくりしすね。
井伊直虎.jpg
そしてまたしても今川から謀反の疑いがかけられました。
いったいどれだけ疑われるのでしょうか?本当に小さな
大名の宿命なのでしょうか?
今川家からまた偉そうな家臣がきていましたね。いやですね!
しかしまた駿府に申し開きに行く必要がでてきました。
これもいやですね。井伊家は今までに何回謀略にあっているか。
直虎、堂々としてよく申し開きに行けますね。すばらしいです。
nakano naoyuki.jpg
道中、時間を引き延ばすために自ら毒薬を飲むなんて・・・
無茶苦茶すぎます。この間直虎は駿府へ旅立つ前に、
方久と六左衛門に秘策を伝えたいました。
駿府へ向かう直虎を見送ったあと、六左衛門たちはすぐに
動き出していました。
最後にやはり龍雲丸たちに頼んでいました。材木をすべて
取り戻すということでした。船から分捕って材木を駿府に
運んでいるシーンはなんか坂本龍馬の雰囲気がありました。
颯爽と駿府に運んできました、なんとすがすがしいことか・・・
裏で動く人、いつの時代も重宝されますね。表一筋だけでは
生きていけないですね。
龍雲丸.jpg
大河ドラマ史上、本当にこんなにこじんまりとしたドラマ
初めてですね。それが今までにないからとても楽しみです。
小大名の生活がよくでていますね。

最後まで女城主直虎、応援します!







女城主直虎 24話の感想 さよならだけが人生か? [ドラマ]

龍雲丸がさってから直虎は7うわのそらでしたね。
わかるような気がします。龍雲丸は自由人であり
直親を思い描いていたのでしょうか?

それにして井伊谷の百姓たちとの話、生活がよく
描かれていますね。大河ドラマ史上、あまり領主と
百姓がこんなに細かく描かれているのは初めてですね
私が14歳 たしか中学2年生だったともうのですが
黄金の日日を見てから38年・・・年齢がわかってしまいますが
領主と百姓の姿が協力してやっていくという・・・
いいですね。百姓に読み書きとか教えていましたね。
薬草の知識や銭の取引や護身術、うらやましい百姓たちです。
そんな仕組みを取り入れた直虎の名は、徐々に内外に知られるように
なっていきました。そして井伊谷に人が集まってくるように
なっていましたね。

こんな時に今川家から縁談の話がありました。良い話では
あるのですが結局は人質なんですよね。つらい話です。

そういえば、ちらっと迫力ある織田信長が登場していました。
迫力ありすぎでした。

直虎も和尚とかに相談して相手の庵原助右衛門朝昌
(山田裕貴)はどんな武将か愛に行きましたね。
りっぱな青年でした。こういう武将に嫁ぐのはいいですね。
実にまっすぐな、気骨のある若者であった。と直虎も
言っていました。庵原の家に嫁ぐことは、
手を挙げて喜べることではないのですが、あの武将を夫に持つこと
は幸いなことではないかと言っていました。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。