So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎 20話第3の女の感想です。 [ドラマ]

まさか、直虎の娘、高瀬という女が井伊谷にやってきました。
みんな大混乱です。
特に直虎は動揺していました 信じたくない。偽者かもしれない。
でも本物だったら、??どうすればいい?
takase.jpg
https://mantan-web.jp/2017/05/20/20170519dog00m200...から引用
とりあえず井伊の屋敷で身元がわかるまで面倒を見ることに
なりました。
ところが、高瀬の身元探しは難航しましたね
母親の名がユキということはわかっているが、南渓や昊天(小松和重)、
傑山(市原隼人)も聞いたことがないとのことでした

そして、しのも敏感に反応していました
直虎さま ご出家までされたのに、その間に直親様は、どこぞのおなごに甘ったるい
お言葉をかけられ、子までなし… 直虎も気にはしていたが
いざ口にだしていわれると、腹がたったようです

でも良い娘のようですね屋敷内も
直親の娘だと判明したら、家内に加えるべきだろうという流れになりつつあった
しかし但馬守は武田の間者ではないという。
高瀬が廊下の床掃除をしているとき鼻歌を・・・どこかで
聞いたことがある鼻歌、直虎が笛で吹いていた音楽だったようです。

数日後、直親が預けられていた松岡家から南渓宛ての手紙が届きました。
ユキという女はたしかにいたのだということです
直親と親しげに2人でいるところを見かけた者もいた。
しかし、子どもをもうけたかどうかまでは分からないとのことでした

直虎としのがあの井戸のところにいました。お互い話をしていました
2枚舌 すけこまし!
しのさんからすごい言葉がでてきました。直虎は本当は女たらしだったので
しょうか?気が付けば2人はなかよくなっていました。
とてもよかったです。

そして高瀬を晴れて井伊家の娘、直親の忘れ形見が井伊家
に紹介されていました。よかったですね。本当によかった
これからも井伊家のためにがんばってもらいたいものです。






女城主直虎 19話罪と罰の感想です [ドラマ]

冬を迎えたある日、事件が起きた。

目付の近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)に話を持ち込んできましたね
井伊領内の者が我が領内に勝手に立ち入り、山の木を切り倒したとの訴えがござりました。と

近藤は、盗人の正体は井伊に新しくやって来た百姓たちだと決めつけていたようですね。
直虎は当然納得できません 反発していました
被害にあった現地を見に行こうという話になり、山に入りました。
すると、近藤の所領だけではなく、隣接する井伊家の所領も木が切り倒されており
切り株だらけになっていましたね

井伊の側も同じような目に遭っておるではないか!と言いましたが
近藤はあわてて細工したのではないか。井伊の者ではないと見せかけるために昨夜急いで…
直虎は一晩でかように木を切り倒すなど、仏の念力をもってもできぬわ!っと

直虎や傑山たちは様子を確かめるために山に入った。
直之たちが木陰に潜む人影に襲いかかると男たちを捕らえたがなんとなんと
そこには、何度も出会った旅の男、龍雲丸(柳楽優弥)でした
龍雲丸.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2087886/photo/4/から引用
近藤は切り捨てようとしましたが直虎は止めました。自分たちがとらえたので
自分たちで処分すると。

井伊家では男の処分をめぐりやはり紛糾していましたね
常識で考えると盗人はこの時代は死罪ですね!
しかし井伊家は大変なときに盗人は穴を掘って逃げてしまったんですね。
本当に木の上登ったり、吹き矢を吹いたり、仲間がいたり
何者なんでしょうか!

混乱は井伊家だけでなく今川も大変になってきました。
武田信玄が嫡男を義信を幽閉してしまうとは・・・廃嫡してしまうんですよね
今川家にもダメージがあったようですね。今までの歴史物のドラマでは
武田方しか描かれていなかったので興味がありました。

井伊家の混乱は序の口だったんですね
そう・・・なんと直親の娘という者が井伊谷に来ました。
みんな驚きです。
来週は井伊谷は修羅場になるのでしょうか!
とても楽しみです。







女城主直虎18話の感想 あるいは裏切りいう名の鶴です [ドラマ]

いきなり中野直之が政次を切ろうとしました。
直虎は良く止めましたね。私だったら止めずに
切っていたかなあ???

また駿府に言い訳に行くのですね。
ところが、駿府に着くと意外な人物が待っていた。
直虎「方久!ここで何をやっておる」
方久「商いに決まっておりましょう。今川様に、
種子島を五平ごと売り渡してまいりました

方久(ムロツヨシ)は、9割方完成している種子島を見せ、
続きを駿府で作らせてもらいたいと願い出たのだ。
しかも、太守様に頼んでみよとの指図を直虎から受けた
ということにしていましたね。さすがに上手ですほ方久は!

これなら、謀反をたくらんでいると思われることはないと
いうことでした
今川氏真(尾上松也)は迷うことなくこの話に乗っていました
してやったりですか。井伊谷かえったら方久び自慢話が
少しうるさかったですね。

しかし政次ぐのことをやさしいいという人もいたのですね
私は好きになれないのですが。これだけ嫌ってしまう
演技力もすごいとしか言いようがありませんね。

政次の本当の心の中は何をおもっているか誰もわからないですね
井伊家を守りたいのかそれとも本当に野心があるのか
龍潭寺の和尚すらよくわからないようでした。

今年の大河ドラマは予想どおり小さな地域のみのお話
井伊谷のこじんまりとした地域のみでのお話です。
大局的には、武田義信の追放の話が一緒に出ていましたね。
どこの大名もお家騒動は大変だったようですね。