So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎8話の感想は赤ちゃんはまだかです [ドラマ]

本日のオープニング、しのは不気味ですね!
女優の貫地谷しほり(31)がおんな城主 直虎で、
井伊直親(三浦春馬)の正室、しのを演じています
4度目の大河出演にして、初めて“強い母親”に
挑戦しているようですね。直親をめぐり、なにもかも正反対の次郎法師(柴咲コウ
と女同士ぶつかりながらも、頑張っていく姿は良いものです。
sino.jpg
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/...から引用
しかし、しののやきもちというのでしょうか?ドラマでは怖いものがあります。
このやきもちをやくシーンなどは上手に演じているのではないでしょうか?
いやな女としてドラマをみてしまいます。
見る側をその気にさせるとはとても演技が上手ということですね

この時代子供が授からないのは女性、奥方にとってつらいものが
あったんでしょうね。みんなが待ち望んでいるのは跡継ぎですもんね!
どこまで行っても、ついには子供が授からないのは次郎法師の責任とは
いやはやびっくりしたもんです。

刃物はもっているし 本当に死ぬつもりだったんでしょうか?
次郎法師が必死に止めていました。戒めを!
でも向かってきました。次郎法師を本当に殺そうとしたのでしょうか?
別のお坊さんが止めてくれたのでよかったですが・・・

次郎法師の一括、自分の嫁のことだ。自分で何とかしろ!と
この一喝良かったですね。

直盛の妻、千賀がしのに一括するシーンも面白かったですね
直盛が”おーこわー”というような目で見ていましたね。

そして来週はいよいよ桶狭間ですね。織田信長のサイド、あるいは徳川家康
サイドからしか時代劇は見たことがないので桶狭間で無残に屍を残す側の
ドラマは初めて見ます。別の意味でとても興味深いです。






女城主直虎7話の感想は検地がやってきたです [ドラマ]

今回は今川家の検地を井伊家の直親たちが誤魔化お話ですね、
政次との関係が今後本当に心配ですね。
仲良く井伊家を盛り上げてほしいのですが・・・

政次も親の後をついでいくんですよね。井伊家を陥れていくんですよね
どんどん仲がわるくなっていくんですね。今回の7話でも
少しずつあらわれていままた

この第7話から、阿部サダヲさん演じる竹千代(後の徳川家康)が登場しますね。
去年は真田丸で内野聖陽さんが今までにない家康でしたが、今回の阿部サダオさんが
どのような家康を演じるか、本当に気になるところですね。
これから井伊家に大きくかかわってくる竹千代、徳川家康です。
とても楽しみにしています
竹千代.jpg
http://i-am-freedom.net/?p=1143から引用
川奈(川名?)の隠し里・・昔の人はみんなやっていたんでしょうね
瀬名姫からやっと手紙が到着しました
検地担当役員の特徴がのっていましたね。

このシーンのとき、直親の妻のしのが泣きましたね。これは次郎法師への
嫉妬ですね。
手紙のないようのとおり役員の亡くなった奥さんへの
お経でなんとか良い機嫌で帰っていきました。

桶狭間の戦いまで井伊家の中の話で進んでいくんでしょうね
桶狭間はいつも織田信長の方しか注目されないので
他の負けた武将たちはどうだったのでしょうか?
それも大名の今川義元ではなく、一般の武将の行方が
非常に気になります。
今後はそれを気にしながら見ていきたいと思います







女城主直虎6話感想 初恋の別れ道です [ドラマ]

タイトルに「初恋」とあるだけあって、今回は次郎法師と直親の関係の
お話が多かったですね
自分が死んだ事にして直親と結ばれようと考えた次郎法師でしたが、
思い直す事になります。また、父の跡を継いで家老になった
政次と直親の関係の変化に注目です。段々と間さ政次も
おやじに似てきしたね。史実でのこの2人は不仲だと言われてますが、
今後のどのような感じでドラマが進んでいくのでしょうか?

またついに亀乃丞は、名前を「井伊肥後守直親」と改めました。
しかし帰参の許しもそうですが今川家のお顔を伺わなければ
いけない井伊家も大変厳しいですね、

新野左馬助も動いてくれますが・・・
この武将はいい色をだしていますね!史実もそうですが
今回の演技者の刈谷俊介さん、ベテランらしく演技も
絶妙です。本当に良い色をだしていると思います
niino.jpgniino.jpg
直盛の妻、千賀の兄(あるいは父親とも)にあたる人物です。
新野左馬助はもともと今川家の一族です、井伊家の目付けとして
井伊谷に送り込まれた人物として知られているのですが、
後に彼が取ったとある行動が、井伊家1000年の歴史における
大恩人とまで呼ばれるようになっていくようです。

最後の直親と次郎法師の法抱擁シーンは昔の月99をみているような
感じがしました。ほのぼのとほんのひと時の幸せなんでしょうね・・・






女城主直虎5話感想は亀乃丞帰るです [ドラマ]

ついに、ついに信濃に逃れていた亀之丞が
井伊谷に帰ってきます。帰ってきたのです

この回から主演の柴咲コウさんや高橋一生さん、
そして三浦春馬さんが本格的に登場しますね。
いよいよ始まりといったところでしょうか!
naotora2.jpg
http://kaidokanata.blog51.fc2.com/blog-entry-1379....から飲y9王
次郎法師ですが柴咲さんが演じていてるので
やはりとてもきれいな法師になったいます
柴咲さんの話し方、子役の時の話し方(おとわちゃん)
イントネーションが一緒のようにしゃべっていました
よく話し方が変わるのドラマがあるので
さすが柴咲コウさんといったところです。なんとなく
こどもの雰囲気を残しながらの演技、とても上手です。
またうまく演出できていました。

この回はあの小野政直が亡くなりました。その結果
井伊家は亀之丞(井伊直親)を呼び戻す事になったのです
1554年のことらしいですね。あの桶狭間まであと6年と
いったところです。
しかし本当に悪者役、何回も言いますが本当に上手ですね
真田丸の大蔵局といい、主役を際立たせていますね
よく言います。悪者役は本当に演技の上手な人でないと
つとまらないと!
鶴松も元服して小野但馬守政次と名乗っていました。
この人物も父親の後と同じように井伊家を陥れていくのですね
今はいい感じなんですが
小野政直と政次の会話で息子の将来を予言して息を引き取る政直が
いました。複雑な感じでした。

井伊直平=前田吟も政直と対立する役柄も絶妙です

それにしても次郎法師と亀之丞(井伊直親)の再会は
感動のシーンでしたね。なんか早くも涙がでてきました。

亀之丞(井伊直親)が帰ってきてこのまま井伊家は安泰
というような感じがするのですが・・・
井伊一族.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2079580/photo/5/から引用
naotora1.jpg
https://matome.naver.jp/odai/2148617803408755901から引用
これから一気に
存続の危機に陥っていく姿、本当は見たくないのですが・・・
苦難の時代が続いていくのですね。

女城主直虎最後まで応援します。
早めに井伊谷地区や新野を訪れたいと思います。
その時は報告いたします。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。