So-net無料ブログ作成

女城主直虎4話感想 おとわちゃんが次郎法師に! [ドラマ]

今回の4話に感想はおとわちゃんが次郎法師に
なったことと、柴咲コウが最後に登場したことが
一番印象深かったことでした。

本領安堵、井伊家を守るため出家したのですね。
かわいそうな感じがしました。

南渓「あの子はたった十歳で、今川の命令をくつがえしたのだ。
ご初代様を拾った神主が『これはただならぬ子』と言ったらしいが、
わしはあのとき今川の館でのおとわを見て、
『ただならぬ子』とは、まさしくこのようなものをいうのであろうと思った」
と言っていました。やはり何か特異なものを感じたのでしょうね。

いろいろお寺の中では苦労した(苦労をしていた)ようですね。
本当にいろんな困難がこれから待ち構えていますが
将来が楽しみな次郎法師です。

このドラマが始まるまで、あまり直虎やその周辺の一族は
よくわかりませんでした。知識をいれるため少し本を
読ませていただきましたが・・・
新野左馬助は本当にこのドラマで知りました。
niinosamanosukeposter.jpg
http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shakyo/kanko/...から引用
niino.jpg
http://kamilog-media.com/archives/1092から引用

今まで子供の野球(ソフトボール)でよく静岡県の新野町を
とおりましたし、この近辺で試合もしました。

この土曜日も、子供のソフトボールの練習でこの近辺のグランドを
使用しました。沿道には新野左馬助公ののぼりがたくさんありました。
一度展示館などを除きにいきたいと思います。郷土の誇りの
武将のようです。もう少しこのあたりの勉強をしたいと思います。
そして必ず井伊谷地区も訪れたいとお思います

ドラマの最後に満を持して柴咲コウさんが登場しました。
sibazaki .jpg
http://mantan-web.jp/2016/11/16/20161116dog00m2000...から引用
おとわちゃんがでなくなるのはさみしい感じがしますが
大人になった次郎法師も応援します。







女城主直虎感想3話 おとわ危機一髪です。 [ドラマ]

3話もとわちゃん大活躍ですね。びっくりしました
otowa.jpg
考え抜いた結果、なんと頭を中途半端にそっていました。
みんなびっくりしていました。しかしこれが井伊家にとって
大騒動になってしまいました。小野直政はすぐ駿府の
今川家に告げ口をしていました。
持ち帰った書状を直盛が弱々しく読み上げていましたね。
とわを人質に渡せと!!
万一この命令に背くようであれば、打ち首もやむを得ない
ということでした。直盛は落胆していたのですが直平は
怒りをあらわにしていました。井伊家の将来を思うと
本当に不安で仕方がないですね。

とわは、苦悶の表情を浮かべる父を直視できず、龍潭寺へ駆け込み、
南渓に泣きついていましたね。とわの出家をみとめてもらうため
駿府の今川家に乗り込みます。そして先輩格の雪斎に相談しますが
今一反応が鈍いですね。
とわちゃん、駿府の街並みに興奮していました。
井伊家の人質として直平の娘、佐名ともあいました。

結局はとわちゃんはなんとか窮地を脱して井伊谷に帰ってきました。
よくがんばりました。それにしてもこの間、太守様の今川義元、
そして寿桂尼様とも出会いました。なんとまあ幸運な女性
なのでしょうか?なかなかこうはいかないものです。

ちいさな井伊家、大河ドラマでなかなかこのような小さな
武将を取り上げるのはないですね。徳川時代になってからは
誰もが知っている井伊になりますがこの時期は本当に
大変だったのですね。このちいさな井伊谷での出来事は
大変興味があります。こんな地味な大河ドラマ、今までないですよね
興味深く視聴しています。真田丸もそうでしたが1年間
応援します。
がんばってください女城主直虎!!






おんな城主直虎感想2話 崖っぷちの姫です。 [ドラマ]

2話は確かに崖っぷちの姫でした。

おとわちゃんの機転で亀之丞がうまく逃げることが
出来ましたね。大気の片りんを見せつけていましたね
otowa.jpg
http://xn--ogt354ccon.com/3361.htmlから引用

おとわちゃん無事でよかったですね。捕まった時
その場で切られていたら大変でした。
本当におてんばだったのが良く描かれていた2話でしたね

葬儀が行われていたとき小野政直が登場してきました
新野左馬之助を差し置いて自分が目付になるということ
そしておとわちゃんを政直の子と婚姻させる方向とは・・・

そしてでてきまあした悪役が 小野政直役、吹越満さん
やはりいつの時代も悪者役する人、主役と喧嘩するひとは
本当に演技がうまいですね。
fukikoshi .jpg
http://dorama9.com/2016/12/31/post-3076/から引用
また真田丸と違って三谷ワールドみたいなところはないですね
侍女役、おとわちゃんの世話役の方が少しおもしろそうですが

政直との子、(鶴丸)との婚姻がいやでおとわちゃんが
家でするのにはびっくりしました。子供が考えた精一杯の
手段みたいですね。家での途中であばら家の中で
得体の知れない人物と出会いました。彼に見つかり
家に連れ戻されてしまいますが
あらすじなど見ていますと後に豪商と呼ばれる人物となる
瀬戸方久の昔の姿【あばら家の男】のようですね。
お母さん(財前直美)に怒られ泣いていました。

そして最後のシーン 悲鳴とともに直盛らがかけつけると
南渓の「答えは1つは限らんからのう。」という言葉どおり
おとわちゃんは秘策が思い浮かび、なんとなんと
髪の毛を切っていました。えーっ

全体的に見ると今回の2話も1話と同様、子供が中心の
ドラマ構成になっていましたね。しかし大河ドラマに出演する
子役たちはみんな演技が上手ですね。






おんな城主直虎 初回の感想 井伊谷の少女です [ドラマ]

おんな城主 初回の感想です。
ついに始まりました、今年も出来る限り感想を書きます。
本年もよろしくお願いします、
onnajyousyu.jpg
http://www.cinemacafe.net/article/2016/05/27/40747...から引用
井伊直政や井伊直弼などは良く知っているのですが
この大河ドラマがなければ知ることができなかった人物です。
資料もとぼしくどこまでドラマが出来上がるのか逆に
楽しみでもあります。但し気をつけなければいけないのが
はじめての人物なのでこの大河ドラマがみんなの心の中に
留まり,直虎象ができあがってしまうことです。
織田信長、豊臣秀吉は今までたくさんの役者が演じています。
しかし私か中学生の時期にみた黄金の日日やおんな太閤記の
高橋幸治 緒方拳 藤岡弘、西田敏行像が鮮明に残っています。
役者の柴咲コウさんには是非がんばってほしいものです。
柴咲コウ.jpg
http://www.cinemacafe.net/article/2017/01/08/46166...
から引用
1回目は幼少期の話だったのですね。こどもが上手に演じていました。
3人とも波乱万丈の人生をこれから歩んでいくのですね。
真田丸など有名な武将の時はこの先(1年間)の流れが分るのですが
今回の大河ドラマは全くわかりませんね、

昨年少し直虎の本を読ませていただきましたが井伊直政が活躍するまで
本当に大大名ではなく小さな地方の武将の一人に過ぎなかったのですね。
桶狭間など織田信長、家康やそれに活躍した武将の状況は
何回も本やドラマでみているのでよくわかるのですが、負けた側の
小さな武将や家族たちがどんな状況になっていたのか、どのように
描かれるのかとても楽しみですね。
本当に謀略も多かったのですね。いきなり紹介放送から描かれていましたね。

おそらく大河ドラマ史上初めて、小さな地域限定で展開されるのでは
ないでしょうか? 真田丸は長野上田や大阪、和歌山など
伊達政宗は地元から京都、大阪のシーンがありますが、直虎は
本当にその地域(井伊谷地域)限定になりそうです。
狭い範囲の中で1年間大河ドラマができそうです。経済効果も
浜松限定と思いきや、井伊直弼さんがいた彦根市近辺も少し経済効果
がでるかもしれませんね。

今回は初回の感想というより全体の感想になってしまいました。
昨年は真田丸で感想しましたが大阪出身の静岡在住の人間です。
浜松寄りです。来週子供の練習試合の関係で井伊谷近辺を訪れます
いつも田舎なので渋滞など気にならないのですが少し不安かなあ
と思っています。でも近くなので会社で有休をとって
ゆっくり井伊谷地区を見学したいと思います。
1年間真田丸に引き続き、おんな城主、直虎!応援します。








タグ:おんな城主
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。