So-net無料ブログ作成
検索選択

真田丸感想50話最終回です [ドラマ]

真田丸 50話ついに最終回を迎えてしまいました
真田丸2.jpg
ついにこの日がきてしまいました。伝説になるときがきてしまいました。
真田丸突撃.jpg
後藤又兵衛も木村重成も亡くなってしまいました。
残るは毛利勝永と、そして真田幸村
毛利勝永、よく頑張りました。本当にすばらしい武将です。
真田幸村がどうしても目立ってしまいますが役の岡本健一さんが
すばらしい演技を見せてくれました。岡本健一と言えば大河ドラマの
独眼竜政宗で弟役で渡辺謙さんに切られてしまうシーンを
思い出しました。大河ドラマでも名場面のひとつですね。

望みを捨てなかった者のみ道が開けると言っていました。
本当にどこまで本心だったのでしょうか?

しかしこのかっこよさ 負けると分かっていて、ダメだとわかっていて
あえて豊臣方で最後まで戦う心意気
私の価値観はこのシーンから来ているかもしれません。このかっこよさ
いつも勝手に思っていました。自分は何もできないですがこのように
幸村のようになりたいと
豊臣秀頼も大蔵局も何やっているんでしょうか?本当に
それにしての台所のじいさん・・・なんて悪いひとなんでしょうか?
佐助も最後爆弾をなげるんだったら家康に投げたらよいのに!
そうそう 佐助55歳といったあと幸村の一瞬の間は?
最後の三谷ワールドでしょうか?

ドラマでは少し拍子抜けでしたが、浅野が裏切ったというシーンがなかったですね

豊臣家は滅亡、武田家、北条家と同じような運命をたどるんですね。
幸村のように命を懸けて戦う武将は最後だと・・・家康も言っていました
上杉景勝、伊達も、片桐且元も福島正則も、なくなった加藤清正も本当は最後まで戦いたかったのでは
ないでしょうか?戦国武将として戦場で死にたかったかもしれません
幸村の生き方はきっと戦国武将たちはうらやましかったことでしょう。
そしてあの人 真田昌幸も!!

やっぱり本当にかっこいい真田幸村!
私もあと仕事ができるのは10年ぐらい。いつかどこかで幸村のように生きたい
人生の逆転満塁ホームランをうちたい
真田幸村のドラマができて本当にうれしかった。1年間ありがとう

いつまでも永遠に真田丸、応援します。
さあこれからです。
真田丸、発進!!






真田丸感想49話 前夜です。 [ドラマ]

日本一の兵、真田幸村軍が突撃する前夜なんですね・・・
大阪方はどこまでいってもうまいことまとまらないですね。
何回も言うように、大蔵局が本当にうっとしいです。
私が切りたいくらいです。こんなにも悪い人だったんですね。
ずーと、淀君と大野治長が一番悪いと思っていたので本当に
ビックりしています。三谷さんも何か恨みでもあるのでしょうか?
大蔵卿の役の峯村リエさんの演技力が素晴らしすぎます。
みごととしか言えません。”なりませぬ”のお言葉は今年の
流行語大賞でも良いくらいです。

豊臣秀頼・・・自分の意思で出陣してほしかったなあ?
結局はなにもせず生涯を終えてしまいます。残念で仕方がないです。
大阪方には本当に5人衆以外まともな武将がいなかったですね。

信之もなんとか幸村の説得試みましたが残念でしたね

後藤又兵衛の討死は壮絶だったなあ 木村重成も
この戦場のなかでも幸村は敵将、伊達政宗軍の戦い方・・・
2人の中に友情が芽生えていたんでしょうね。これを友情というのか
わからないのですが、敵将に妻子を預け、政宗も承諾するんですから
ドラマの名シーンでしょうか?
真田丸2.jpg
それとやっぱり台所の大将・・・間者だったんですね。本当に
ここにも悪い奴がいましたね!
悪い奴と言えばもう一人、徳川方の本多正信 近藤正臣さんの演技も
すばらしく本当に悪そうな雰囲気がよくでていました。


きりと幸村が抱き合うシーン。昭和のドラマを見ているような気がしました。
今の時代は最終的に結ばれるのが多いのですが、結ばれることがなく今生の別れと
なってしまいます。言葉にできないくらい感動しました。

みんなと別れ別れの49話でした。
死んでいくのですね・・・美化するつもりは本当にありませんが
かっこよすぎますね!
そしていよいよ来週は最終回、ついに伝説の人になるんですね
真田丸突撃.jpg
現代まで続く伝説の人に!
真田幸村、いや真田丸、いざ出陣!







タグ:前夜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田丸感想48話 引鉄(ひきがね)です。 [ドラマ]

確か前回の終わり,残念ながら徳川方に真田丸は壊され大阪城の堀は全部埋められ
裸同然の大阪城、あの幸村でさえ、もう勝ち目はないと思っていました。
でも秀頼や後藤又兵衛たちが早く策をとうことで励まされていましたね

本当に大阪の陣(豊臣家滅亡)までこんなに細かくドラマが描かれているなんて
私は歴史ドラマで初めてみるのではないでしょうか?ほとんどが徳川家が中心の
時代なので徳川方主導のドラマはたくさん見てきました。
少しだけとなると真田太平記があったぐらいでしょうか??
DSC_0375.JPG
この時期歴史本などでは読んだことがありますが本当にドロドロしていますね
徳川方もそうだと思いますがなんといっても大阪城内がドロドロですね!
大阪城内の牢人衆が我慢することができなかってどんどん悪い方向に行ってしまいました。
それにしてもドロドロの中で徳川家康役 演技が上手だなあ!

幸村も言っていましたが戦は動き始めるととまらないんですよね。これは歴史的に見ても
本当に止まらいんです。ボロボロになるまで・・・そう滅亡するまで戦が終わらない
明治時代の西南戦争も若い人たちが暴発して・・・止まらないんです。
そしてあの太平洋戦争も!陸軍の暴走でだったでしょうか、最初は
そして泥沼に突入してしまいました。
大阪城内は牢人衆だけでなく徳川方も扇動したのではないでしょうか?

しかしこの48話、ドロドロしているははすなんですがほんの少しだけ
三谷ワールドがありまあした。
佐助がきりにプロポーズした時、”夫婦になってください”
きりが”ごねんなさい”と一言・・・・一瞬に佐助が消えてしまいました。
織田有楽斉を幸村が追いだそうととしたとき、全然有楽斉は覚悟できていませんでした。
yjimage1QU8NDLN.jpg

いよいよ大詰めですね・・・真田幸村が突撃するんですね。
真田丸2.jpg
https://matome.naver.jp/odai/2147343320112612401から引用
真田丸突撃.jpg
http://www.asahi.com/articles/DA3S12145848.htmlから引用
私はこのシーンが一番大好きです。大好きという言い方はおかしいですが
このかっこよさが大好きでずっとずっと大学時代から真田幸村のファンです。
もう30年来のファンです。男の魅力もそうですが人間的魅力も申し分ありません。
最後のシーンはきっと涙ながすんだろうなあ、目を開けて大河ドラマが見れるか
心配になってきました。あともう少しですが最後の最後まで真田丸
応援します。頑張れ幸村!








タグ:引鉄