So-net無料ブログ作成
検索選択

真田丸43話の感想 ついに軍議に入りました [ドラマ]

真田丸43話はいよいよ最後の大きな軍議にはいりました

歴史小説でも有名なシーンですね。真田系や秀頼時代の小説を読むと
必ずでてきます。討ってでるか、籠城か?
確かに真田幸村の案は大胆ですね。ドラマでもみんな戸惑っていました。

真田のファンからすると討ってでてほしかったなあ?と何度も思いました

片桐且元と織田有楽斉、この2人うまくドラマでは描かれていますね。
katumoto.jpg
http://entameewsn.com/article/post-3275.htmlから引用
yjimage1QU8NDLN.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/12211101/から引用
若いときは有名を馳せた且元、それからずっと豊臣家を守ってきたのに・・
最後は豊臣家を裏切るとは思いもよらなかったでしょうね。
ただ秀吉亡きあと不遇の時代を過ごし豊臣家はもうダメだと思ったんでしょうね
本当につらかったと思います。無念だったと思います。
有楽斉は憎たらしいように描かれています。うわさによると徳川家の
スパイだったということが歴史本にはよく載っています。
そんな感じですね。このドラマでは豊臣家をつぶすためにいるような
感じで存在する描かれかたです。

浪人5人衆、いろんな思いで大阪城に入城していたのですね。
徳川家康はと将来のために豊臣家を滅ぼすつもりだったんでしょうね
真田信之、弟思いで描かれていました。幸村に思いっきり戦をさせたいので
息子たちに前線にでるなという指示を姉に託していました。
みんないろんな思いが・・・
DSC_0375.JPG
その中で本当に私的なことしか考えない人たちが大阪城にいたんでしょうね。
大阪城では誰が問題だったのでしょうか?やっぱり淀君なんでしょうね。
大野治長・・いつも悪もん役ですがこの淀君、大蔵局の指示に従って
いたんでしょうね。秀頼はこの治長が父親という話もあります。

間違いなく終焉にむかっています。真田幸村!最後に大暴れをしてください






タグ:軍議

真田丸感想42話は味方 そう、いったい誰が味方? [ドラマ]

真田丸42話は味方のタイトル、でも本当に誰が味方でしょうか?

幸村は大阪城に入りました。”よかった”と言ってあげたほうが
いいのでしょうか?家族の幸せよりも徳川家と戦うために
生まれてきた男と言ったほうが良いでしょうか?
DSC_0375.JPG
淀君と幸村の対面は気がつけば14年ぶりだったんですね。
あっという間の時間だったのでしょうか?
思い出深い部屋がありました。石田三成とか大谷吉継と
一生に働いた部屋が空の棚だけ残っていました。

しかし、大阪城に入った時から幸村の戦う相手は徳川家というよりも
実は大阪城内にあったんでしょうね。まだまだ実績のない幸村に対して
面白くなかった武将たち!後藤又兵衛、毛利勝永、長宗我部盛親、その他
諸々たち、大野治長も別の意味で敵だったかもしれません。
あんな大阪城内ですから徳川の間者もたくさんいたでしょうね。
長宗我部盛親の人柄は面白かたですが・・・京都で子供たちに
勉学を教えていたというのは聞いたことがあります。

信之と作兵衛の戦いも三谷ワールドでしょうか?信之は本当に手が
しびれただけなんですが、作兵衛は勘違いした幸村のもとに行かせてくれたと!
滑稽なシーンでした。信之はわかっていましたね烏合の衆でも幸村が
大阪城に入るとどうなるか!戦が長引くぞと、
家康も真田幸村が大阪城に入るとかなり気にしていました。歴史の記録にも
残っているというのを聞いたことがあります。
DSC_0258.JPG
それにしてもどんどん終焉に向かっていっているのですね。
大阪城も、豊臣家も、そして真田幸村も!






タグ:味方
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田丸感想41話入城、そして木之本亮さんがまた真田幸村を助けました [ドラマ]

木之本亮さんがまた真田幸村を助けました
長兵衛.jpg
https://twitter.com/hervorruf/status/7749868718185...から引用
いよいよ真田幸村が大阪城に入りました。

徳川家康は真田昌幸なのか、幸村なのか大阪城に入ること、
豊臣家に肩入れすることは本当にいやがったようですね。
徳川家康の歴史、人生の中でも敗れることは少なく、まさか
小大名に2回も上田城の戦いにおいて負けるなんてかなりの屈辱
だっと思われます。
九度山村での真田幸村の生活、きっと人柄もあると思うのですが
村人たちに慕われていたんでしょうね。これは間違いなく思います。
きっと本当に脱出の時、協力したと思われます。

ところでこの村人役の長兵衛、そう木之元亮さん、私の時代は
太陽にほえろ!のロッキー刑事が思いで深いのですが・・・・
この木之元さん、31年前の真田太平記で主役の一人、佐平次役で
でていました。
佐平次.jpg
http://zatrendnews.com/1120.htmlから引用
それにしてもなんという運命なのでしょうか?
きっと脚本家の三谷さんはわかって出演させたんでしょうね
この時佐平次役の木之本亮さんは真田幸村を助け、最後まで付き添い
ドラマでは一緒に討ち死にするという設定です。何回も言いますように
この時真田幸村役は草刈正雄さん、今回も木之本さんは真田幸村を
助ける役柄です。なんか本当に思い出深いくなっています。

しかしまた大阪城にいましたね、嫌な奴が・・・歴史上でも嫌われ者
大野治長・・・・この方のおかげで大阪方が負けてしまったようなものです
何も戦を知らない大野治長、本当にうっとおしいです。

お兄ちゃんの信之一家は長男に大将を務めさせ、うまいこといっている
ようですね。気が付けば真田丸が佳境に入ってきました。
1年間は速いですね。

最後まで真田丸応援します。






タグ:木之元亮

真田丸40話”幸村”の感想はいよいよ最終章ですね [ドラマ]

平和な九度山村の生活・・・・ついに来てしまいました。豊臣家から
使者が来てしまいました。大阪城に来るようにと!
DSC_0375.JPG

人間年をとると、あきらめがでて平穏な生活を好む人が大部分です。
信繁はそれを好まなかったようです。だから歴史に名を遺したのでしょうか!
信繁はいつかこの日が来ることを予想していたのでしょうか?
信繁はいつかもう一度家康と戦をするつもりで九度山村で十数隠遁生活を
していたのでしょうか?
信繁の家族(大谷吉継の娘)はこの日がくることは予想していたのでしょうか?
yjimage.jpg
家族の幸せよりも自分の意地なのか、恨みなのか・・・・夢なのか!
戦をとるなんて・・・ドラマでは、きりがかっこいいことを信繁に言っていましたが
なんで余計なこと言うの!幸せな家庭だったのに・・・でもきりのセリフは
泣けました。いつも三谷ワールド(笑い)ばかりなので やっぱり雰囲気的に
トレンディードラマの恋愛のような感じでした。
DSC_0138.JPG
信繁の生き方が日本人好みなのでしょうか???
私も信繁が亡くなった年齢よりも2つ上・・・

平穏に生きたいと思うし、若いときのように何かあつくなりたいという気持ちが
あります。でもきっと信繁のような生き方は僕にはできななあ
本当にこれからも真田丸楽しみです。
大阪では大阪城公園でパブリックビューで昌幸役(草刈正雄さん)さんが
出てきて大フィーバーだったようです

そして戦いに挑む前に名前を幸村と
戦国最後の名将というナレーションが・・・真田丸がいよいよ
最終章へ突入なり







タグ:幸村

真田丸の感想39話は歳月、平和な時代についに豊臣家が・・・

1611年(慶長16年)父・真田昌幸が配流になって11年目に64歳で死去しました
次の年、信繁は出家して好白と名乗りました。

「真好白」「真好白信繁」などと署名した書状が現存している
ようですね
DSC_0375.JPG
信繁は、九度山に蟄居してから子供も3人生まれ、それなりに
九度山の暮らしを楽しんでいたのでしょうか?実は戦争のない平和な時代だったかも
しれません。但し昌幸の血がながれている信繁はそれはおもしろくなかったのかも?
yjimage.jpg
仕送りをしてくれたり、徳川家康に信繁の赦免嘆願を度々してくれる
信之にも、もう赦免嘆願はしなくてもいいからと告げていました。

出家したのは、徳川家を安心させるためでしょうか。
それとも、もう戦う気力はなくなったのでしょうか。
一説によると、この頃の信繁は、家臣に金と酒を要求して酒びたり
の自堕落な生活をしていたとも伝わっています。

この回のドラマを見ているとやはり信繁一家にとって平和な時代だったのが
よく表れていました。
きりとはるのやり取りもおもしろかったなあ、信繁とはるのやりとりも・・・
どれだけ障子を破るんですか!

そして秀次の娘もでてきまたね・・たか 
三谷ワールド満載ですね。この三谷ワールドがでるということは
やはり平和な時代ですよね!

きりが白状していましたね。信繁の子を産みたかったと!

真田紐も作って、村人たちも信繁になびいてきましたね。はるもみんな仲間に
なってきました。なのにこのタイミングで
豊臣家が迎えに来るんですよね。来なければよいのに・・・この回のドラマを
見て何回そう思ったか!平和な一家を邪魔しにくるんですよね。豊臣家は・・・
なんで信繁は大阪城に入っていったんでしょうか?
そんなにそんなに戦が好きだったんでしょうか?
大助まで行ってしまうんですね。








タグ:歳月