So-net無料ブログ作成

女城主直虎 19話罪と罰の感想です [ドラマ]

冬を迎えたある日、事件が起きた。

目付の近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)に話を持ち込んできましたね
井伊領内の者が我が領内に勝手に立ち入り、山の木を切り倒したとの訴えがござりました。と

近藤は、盗人の正体は井伊に新しくやって来た百姓たちだと決めつけていたようですね。
直虎は当然納得できません 反発していました
被害にあった現地を見に行こうという話になり、山に入りました。
すると、近藤の所領だけではなく、隣接する井伊家の所領も木が切り倒されており
切り株だらけになっていましたね

井伊の側も同じような目に遭っておるではないか!と言いましたが
近藤はあわてて細工したのではないか。井伊の者ではないと見せかけるために昨夜急いで…
直虎は一晩でかように木を切り倒すなど、仏の念力をもってもできぬわ!っと

直虎や傑山たちは様子を確かめるために山に入った。
直之たちが木陰に潜む人影に襲いかかると男たちを捕らえたがなんとなんと
そこには、何度も出会った旅の男、龍雲丸(柳楽優弥)でした
龍雲丸.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2087886/photo/4/から引用
近藤は切り捨てようとしましたが直虎は止めました。自分たちがとらえたので
自分たちで処分すると。

井伊家では男の処分をめぐりやはり紛糾していましたね
常識で考えると盗人はこの時代は死罪ですね!
しかし井伊家は大変なときに盗人は穴を掘って逃げてしまったんですね。
本当に木の上登ったり、吹き矢を吹いたり、仲間がいたり
何者なんでしょうか!

混乱は井伊家だけでなく今川も大変になってきました。
武田信玄が嫡男を義信を幽閉してしまうとは・・・廃嫡してしまうんですよね
今川家にもダメージがあったようですね。今までの歴史物のドラマでは
武田方しか描かれていなかったので興味がありました。

井伊家の混乱は序の口だったんですね
そう・・・なんと直親の娘という者が井伊谷に来ました。
みんな驚きです。
来週は井伊谷は修羅場になるのでしょうか!
とても楽しみです。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。