So-net無料ブログ作成

女城主直虎18話の感想 あるいは裏切りいう名の鶴です [ドラマ]

いきなり中野直之が政次を切ろうとしました。
直虎は良く止めましたね。私だったら止めずに
切っていたかなあ???

また駿府に言い訳に行くのですね。
ところが、駿府に着くと意外な人物が待っていた。
直虎「方久!ここで何をやっておる」
方久「商いに決まっておりましょう。今川様に、
種子島を五平ごと売り渡してまいりました

方久(ムロツヨシ)は、9割方完成している種子島を見せ、
続きを駿府で作らせてもらいたいと願い出たのだ。
しかも、太守様に頼んでみよとの指図を直虎から受けた
ということにしていましたね。さすがに上手ですほ方久は!

これなら、謀反をたくらんでいると思われることはないと
いうことでした
今川氏真(尾上松也)は迷うことなくこの話に乗っていました
してやったりですか。井伊谷かえったら方久び自慢話が
少しうるさかったですね。

しかし政次ぐのことをやさしいいという人もいたのですね
私は好きになれないのですが。これだけ嫌ってしまう
演技力もすごいとしか言いようがありませんね。

政次の本当の心の中は何をおもっているか誰もわからないですね
井伊家を守りたいのかそれとも本当に野心があるのか
龍潭寺の和尚すらよくわからないようでした。

今年の大河ドラマは予想どおり小さな地域のみのお話
井伊谷のこじんまりとした地域のみでのお話です。
大局的には、武田義信の追放の話が一緒に出ていましたね。
どこの大名もお家騒動は大変だったようですね。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。