So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎15話の感想 おんな城主対おんな大名です [ドラマ]


井伊直虎はいよいよ駿府に申し開きに行かなければ
ならなくなりました。

いままでの井伊家の歴史の中で駿府に赴くことは
殺さるということですよね。いままでは数々の
謀略にあっています。

あの小野但馬守政次も言っていました。
”行けばどうなるかは十分お分かりのはずです。
駿府へ行かずに済む方法はただひとつ・・・”

あくまでも虎松の後見は政次にしろと。
しかし駿府に行くと・・・大したもんですね
いろんな言い逃れを六左衛門が言いましたが
無理ということはわかっていたんですね
なにせ今川の影の大将は、寿桂尼なのだから
女同志、自分(直虎)が一番わかっているでしょう。
女だからといって馬鹿にはしないし、また手加減も
しないでしょう。
身内の中野直之に相談もうまいこと行きませんでした
結局お互いいざこざになりおともするのは
龍潭寺のお坊さんたち。ただ者ではないですね。
道中、やはり何者かが直虎を襲いました。どうしても
狙われれていしまいます。危機一髪になんと直之が登場
しました。強いこと強いこと。バッタバッタと相手を
倒し、こんなにすごかったんだと!!!
nakano naoyuki.jpg
http://naotorahistory.com/archives/1707から引用
そしてここで井伊谷に帰るとおもったのですが
なんと政次だけ欺いたのではなく視聴者も欺きました。
上手に駿府に入りましたね。寿桂尼との対決も
面白かったです。上手にその場をしのぎきりました。
民に愛される武将は良いですね。これほど強い味方はいません

本当によかったですね!まだ但馬守がいますが
井伊家がやっとまとまりました。

これからもがんばってください直虎殿!









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。