So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎13話 城主はつらいよの感想です [ドラマ]

ついにおんな城主がここに誕生しました

しかし今と違って、当時女城主、女性が上にたつとなると
想像以上に反発が強かったでしょうね。
よほど強い権力を持たないと・・・
当時権力があったと思われない井伊家のお話なので
本当に苦労の連続だったんでしょうね。その苦労のお話が
この大河ドラマになったんでしょうね。今後どのような感じで
あの井伊直政に繋がっていくのか楽しみでもあります。

大河ドラマというと戦がメインで男中心に描かれていますね
お家の発展は戦だけではないですもんね。内政もとても
重要です。政治をしなければいけないこと。この13話
良く描かれていましたね。今までの大河ドラマとは違いますね
戦が主体の大河ドラマが多かったはずです。

しかしこの内政の問題を領主の直虎がこなしていかなければ
ならなかったんですね。
もう男衆は中野直之、奥山六左衛門しかいません。あとあの
但馬守!但馬守の陰謀が良く表れています。
主役以上ですね。これからどのような悪さ、直虎をいじめて
行くのかとても興味があります。逆に楽しみになってきました。

その中で方久が現れました。あの小屋でであった汚い身なりだった人
瀬戸方久.jpg
https://tokitank.com/jinbutsu/%E7%80%AC%E6%88%B8%E...から引用
これから大きく井伊家にかかわってくるんですね。
直虎には内政をする人が重要です。軍師は南渓和尚が良いような
気がするのですが・・・なんかお坊さんにはもったいないですね。

まだまだたくさんの苦難が待っていると思いますが
最後までおんな城主直虎を応援します。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。