So-net無料ブログ作成

女城主直虎12話の感想 タイトルは同女城主直虎です。 [ドラマ]

この12話はいきなり井伊直親が襲われたシーンから
入りました。闇討ちもいいところですね
計画的な犯行だったんでしょうね。しかしもう
直親が殺されるなんて、早いなあ・・・
惨殺ですね。今川方(朝比奈軍)は用意周到だったんですね。

直親の遺体が帰ってきたときは本当につらかったです
次郎法師も生きて帰ってくるように祈っていたのですが
残念でした。井伊家はかなしそうでした。

まだまだ井伊家の不幸は続きます
しかしこれほど男衆が死んでいたったのですね
井伊家は直平も・・・左馬助、直由も・・・
誰もいないですね。虎松は幼少だし 不安だらけです
守るべき大人の男性がいないですね。
こんな状況です。そうあの人あの人が戻ってきました

小野但馬守政次生きていましたね。さらに悪くなって
出てきました。親子ともども井伊家に迷惑をかけていくんですね。
本当に悪そうです。演技がうまいなあ!悪役!きれいに演じていました。
そしてついに本当の直虎としてのドラマが始まるんですね。

こんな苦境を乗り切っていたんですね。想像がつかないです
なぜこんなにがんばれるんでしょうか?私だったらすぐに
あきらめてしまいます。
井伊直虎.jpg
しかし格好よかったなあ!颯爽と登場 井伊直虎!
”我が井伊直虎である”
ところで南渓和尚本当にただ者ではないですね。
この人が城主になったほうがよかったんではないでしょうか?
お坊さんた辞めて軍師のほうが良いと思います。
絶対すごかったのではないでしょうか!

さあ!これから井伊直虎がんばれ!最後まで応援するぞ!









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。