So-net無料ブログ作成
検索選択

女城主直虎11話の感想は、さらば愛しき人よです。 [ドラマ]

11話オープニングはいきなり石川数正が登場しました。
松平元康の家臣、石川数正と申す!と言って、
颯爽とした登場でした。数正はこのころもういたんですね。
譜代の家臣だったのですが将来家康を裏切るんですよね。
豊臣家に寝返ってしまうんですよね。

しかし瀬名姫と竹千代、亀姫たちが人質交換で生還して
本当によかったですね。でも残念ながら
瀬名の母・佐名とその夫は、娘婿の謀反によって自害を命じられた
ようで、自邸で命を絶たれたということです。

松平元康からの使いだという山伏が来て贈り物
手紙を取り出し次郎法師に渡しました。瀬名姫たちを助けた
お礼ということで、手紙は元康からの誘いの手紙した。
戦の前に戦国時代は味方につけようといろいろ手さぐり、
暗躍とかがあったんでしょうね。

いよいよ松平元康と対面・・・・・しかしこれは・・・

この後一時的に3人が井戸に集まって
良い日が戻りました。ほのぼのと・・・昔に戻ったようだと
naotora2.jpg
しかしまた松平家からお礼の僧が・・・・最少に来たのはなんと
今川家が仕組んだ罠だった、やはりどこまで行っても謀略ですね
松平家、瀬名姫に井伊家を守ってくれるよう頼みましたが
切ないものです。小国は・・・昨年の真田家もまわりの
大大名に翻弄されました。次郎法師は井伊家のために懇願したのでしょうか?
それとも愛する男のために懇願したのでしょうか?

別れの時が来るんですね。
直親も生きて帰ってくるとは思っていなかったでしょうね
だからドラマでもみんなに別れを告げに来たのでしょうね。
直親の妻も、そして次郎法師も
最後はあつく抱擁していました。直親のたった一つの美しい思い出が・・・
次郎法師も泣きじゃくっていましたね
もう2度と、もう2度と生きて会うことができないなんて
戻ったら一緒になってくれなんて、次郎法師も”うん”って・・・・
sibazaki .jpg
それにしても今回の大河ドラマ、小国のお話ですが早くもまた
重大なシーン、局面を迎えようとしています。

がんばれ次郎法師!









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。