So-net無料ブログ作成

女城主直虎7話の感想は検地がやってきたです [ドラマ]

今回は今川家の検地を井伊家の直親たちが誤魔化お話ですね、
政次との関係が今後本当に心配ですね。
仲良く井伊家を盛り上げてほしいのですが・・・

政次も親の後をついでいくんですよね。井伊家を陥れていくんですよね
どんどん仲がわるくなっていくんですね。今回の7話でも
少しずつあらわれていままた

この第7話から、阿部サダヲさん演じる竹千代(後の徳川家康)が登場しますね。
去年は真田丸で内野聖陽さんが今までにない家康でしたが、今回の阿部サダオさんが
どのような家康を演じるか、本当に気になるところですね。
これから井伊家に大きくかかわってくる竹千代、徳川家康です。
とても楽しみにしています
竹千代.jpg
http://i-am-freedom.net/?p=1143から引用
川奈(川名?)の隠し里・・昔の人はみんなやっていたんでしょうね
瀬名姫からやっと手紙が到着しました
検地担当役員の特徴がのっていましたね。

このシーンのとき、直親の妻のしのが泣きましたね。これは次郎法師への
嫉妬ですね。
手紙のないようのとおり役員の亡くなった奥さんへの
お経でなんとか良い機嫌で帰っていきました。

桶狭間の戦いまで井伊家の中の話で進んでいくんでしょうね
桶狭間はいつも織田信長の方しか注目されないので
他の負けた武将たちはどうだったのでしょうか?
それも大名の今川義元ではなく、一般の武将の行方が
非常に気になります。
今後はそれを気にしながら見ていきたいと思います









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。