So-net無料ブログ作成

女城主直虎6話感想 初恋の別れ道です [ドラマ]

タイトルに「初恋」とあるだけあって、今回は次郎法師と直親の関係の
お話が多かったですね
自分が死んだ事にして直親と結ばれようと考えた次郎法師でしたが、
思い直す事になります。また、父の跡を継いで家老になった
政次と直親の関係の変化に注目です。段々と間さ政次も
おやじに似てきしたね。史実でのこの2人は不仲だと言われてますが、
今後のどのような感じでドラマが進んでいくのでしょうか?

またついに亀乃丞は、名前を「井伊肥後守直親」と改めました。
しかし帰参の許しもそうですが今川家のお顔を伺わなければ
いけない井伊家も大変厳しいですね、

新野左馬助も動いてくれますが・・・
この武将はいい色をだしていますね!史実もそうですが
今回の演技者の刈谷俊介さん、ベテランらしく演技も
絶妙です。本当に良い色をだしていると思います
niino.jpgniino.jpg
直盛の妻、千賀の兄(あるいは父親とも)にあたる人物です。
新野左馬助はもともと今川家の一族です、井伊家の目付けとして
井伊谷に送り込まれた人物として知られているのですが、
後に彼が取ったとある行動が、井伊家1000年の歴史における
大恩人とまで呼ばれるようになっていくようです。

最後の直親と次郎法師の法抱擁シーンは昔の月99をみているような
感じがしました。ほのぼのとほんのひと時の幸せなんでしょうね・・・








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。