So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

西郷どん感想あらすじ第23話は寺田屋騒動です [ドラマ]

この23話、世に言う寺田屋騒動がタイトルです。

薩摩同志が斬り合いになった有名な出来事です。私はこの騒動は30年前
司馬遼太郎の竜馬がゆくを読んで初めて知りました。
学生時代だったので京都、伏見の寺田屋へ行きました。確か
刀傷が柱にありましたね。犠牲はつきものかもしれませんが
この薩摩同志の斬り合いは残念な、または無駄?な斬り合いだった
かなあと思います。みんな志士たちの考えは同じなんですが・・・
有馬新七.jpg
https://samurai-hi.com/segodon-arima-9278から引用
さてその前に吉之助はというと、幕末の志士、久坂玄瑞や吉村虎太郎
がいましたね。みんな維新を見届けずなくなるのですが
この酒の席で、大久保どんが訪ねてきました。暗い雰囲気で!
久光の命に背いたためかなりのお怒りモードであり切腹と
いうことです。さらに拍車をかけて海江田が久光公の前で
吉之助の自慢話をしてしまったようです。さら久光公は激怒
という感じでしょうか!

近くの川でみんなで薩摩の昔を思い出しながら鰻とりをしていました
本当に楽しそうでした。そして帰宅のとき吉之助は捕縛されてしまいした

国父久光公の前にだされ切腹を言われました。しかし大久保説得、そして
小松帯刀が『西郷はくせのある男で、使いこなすのは難しい。
主君の目の前に置かれた物差しだ』久光は「物差し?」と不思議に思い

小松は『放っておけば、ただの棒っ切れ。しかし使いみちを心得れば、
こんなに役に立つ男はいない。この男を使いこなせるかどうかで、
主君の器量が分かる。』
さすが小松帯刀といったところでしょうか!何とか島流しですみました

久光は天子様から詔をいただき、尊王攘夷派の退治に走り出しました。
京都の公家たちも上手に久光を扱いましたね。せっかく有馬新七たちが
おとなしくなるはずだったんですが、逆に熱くなり、攘夷派たちは
焦りだしました。そして吉之助がいなってから歯止めが利かなくなり
ついに文久2年4月23日寺田屋騒動勃発薩摩藩にとって、
吉之助や薩摩藩士にとって本当につらいつらい日に
なってしまいました。郷中の友を失った悲しみ、苦しみはなんとも
言えないです。これは薩摩藩の悲劇として今にも語られているようですね。

薩摩藩は大きな波に突入、吉之助、早く戻ってきてほしいですね。
大久保どん、なんとか踏ん張ってくれるよう祈っています






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第22話は偉大な兄 地ごろな弟です [歴史]

西郷どん感想第22話は偉大な兄 地ごろな弟です

ついに吉之助が薩摩に帰ってきました。しかし名前は
大島三右衛門という名で久光に謁見しましたね。
残念ながら吉之助と久光とはうまが合わないようですね。
いきなり反対意見を言っていました。
大久保どんが必死になって島から呼び戻したのに・・・
久光と吉之助の不幸なめぐり合わせのはじまりということですね
世間しらずで田舎者の久光とは合わないのですね。
久光.jpg
https://samurai-hi.com/segodon-hisamitu-9280から引用
西郷のために酒宴を催しましたが有馬新七らとは
意見が合わず暗い酒宴になっていました。

こんな中で久光が家来を連れて京に上ると宣言しました。
吉之助は下関で待つように久光に言われてした。
その下関で豪商、白石正一郎を訪ねていました。そこで
時代が倒幕に移っており勤王の志士たちが京都に集まっていると
そして西郷どんの弟の信吾どんも中心になって倒幕を進めている
ということでした。
信吾.jpg
https://mantan-web.jp/article/20180609dog00m200062...から引用
西郷はあわてて京都に行きますが・・・・久光の命を無視して
しまいました。下関で久光一行を待つはずだったんですが・・・・
やっちゃいましたね。

吉之助はお構いなく京都に行き、勤王志士たち討幕派の説得に
行きました。まだ早いと!血を流すのもよくないと!

西郷は時代を見る目があったんですね。これは西郷の天性も
あるかもしれませんが実際に斉彬と一緒に行動を友にし、
失敗を経験したからではないでしょうか?私は強く思いました。

さて吉之助は京都で頑張っていましたが藩主久光公は烈火のごとく
怒っていました”切腹だ!”と・・・
薩摩藩はこのまま歴史、明治維新の政局に巻き込まれていきます

そして、さあどうなる吉之助 まだまだ時代を必要としています
がんばれ吉之助!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第21話は別れの唄です [ドラマ]

西郷どん感想は別れの唄です

この21話はまたまた悲しい別れの話になってしまいました。

さてその前に吉之助、愛加那の夫婦に赤ちゃんが誕生しました。
ついに吉之助は父になりましたね。いろいろ将来のために
菊次郎と名づけられました。のちに西郷を助ける為西南戦争に
参加して足を切断したが外交官や市長を歴任した菊次郎です。
菊次郎.jpg
https://bushoojapan.com/saigo/2018/01/20/109104から引用
このタイミングで薩摩から大久保正助改め大久保一蔵が
奄美大島にやってきました。もちろん吉之助を薩摩に
戻すためです。しかし吉之助は島の生活に慣れ、また
暖かい人たちにふれ帰る気はありません。それでも
一蔵は帰るときに、吉之助は薩摩の宝といって薩摩に
帰っていきます。

吉之助の心も愛加那の心も揺れ動きます。
今の時代と違いこの時代も男中心、その犠牲に女性がいました
島の生活はおまじないといい、おばばといい、なんか
弥生時代の卑弥呼をほうふつさせる風土ですね。
島の唄も独特です。昔から伝わっていた唄を歌っていましたね
行きゅんにゃ加那

西郷は罪深きお人です。誰にでも愛され、生涯3人の女性に
愛された、愛され続けたんでしょうね。
別れのシーンがつらすぎます。この21話は吉之助と愛加那で
終わってしまいました。後にも先にも西郷はこの奄美大島での
生活が生涯で一番充実していたのではないでしょうか。

吉之助がいよいよ歴史の表舞台に再登場です。エンディングの
ナレーションでも言っていましたがこの陰には愛加那の涙が
あったことは言うまでもありません
愛加那.jpg
https://trendnoki.com/30545.htmlから引用
頑張れ西郷吉之助、そして愛加那!








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第20話は正助の黒い石です [ドラマ]

西郷どん感想第20話は正助の黒い石です

吉之助が島流しに会いましたが、思ったとおり
幸せな生活を送っていたようです。
そのころ、大久保正助はなんとか久光に取り入ろうと
奔走していました。この方も苦労していたんでしょうね

どうしても西郷の島流しやら、桜田門外の変で毎回
いろんなドラマがこれで話は終わってしまうのですが
このころの薩摩の話、久光や正助が描かれていましたね。
2人の苦労が描かれていました。
大久保.jpg
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interv...から引用
切れ者の正助、囲碁を通じて久光に取り入りました。
さすがですね。なんとか必死の思いでがんばっていました
同様に吉之助を何とか戻そうと・・・・
久光も大久保の心意気をわかったようですね。ついに
自分の側近にすることにしたようです。国父になるのは
久光公ということで話が一致したようです。
大久保の妻、満寿もなぜかお由羅と仲良くなっていました

しかし久光に取り入ろうとしているため精忠組とは
誤解が生じ、いざこざがたえなかったですね。でもどうにか
正助が吉之助の復帰嘆願を計画していたと知って、誤解が
溶けたようです。しかし中には突出するひとがいましたね
そう 有村次左衛門、雄助兄弟、
このまま水戸浪士と井伊直弼暗殺に加わります。あの
桜田門外の変ですね。この事件も幕末の大きな事件であり
歴史の転機でした。歴史が動き始めましたね。

島にいた吉之助にもこの変は届きました。
さあどうなるのでしょうか?吉助は
そして愛加那の仲は・・・






nice!(1)  コメント(0) 

西郷どん感想あらすじ第19話は愛加那です [ドラマ]

吉之助は子供たちに勉強を教えたりしていました。
なんとなく島になじんできたような気がします。
とぅまは吉之助にご飯を運んだり、身の周りの
ことをやったり何となくいい方向に来ているような気がします
愛かな1.jpg
https://news.walkerplus.com/article/146121/から引用
吉之助は子供たちに勉強を教えたりしていました。
なんとなく島になじんできたような気がします。
とぅまは吉之助にご飯を運んだり、身の周りの
ことをやったり何となくいい方向に来ているような気がします

吉之助は子供たちに勉強を教えたりしていました。
なんとなく島になじんできたような気がします。
とぅまは吉之助にご飯を運んだり、身の周りの
ことをやったり何となくいい方向に来ているような気がします

しかし他の島の人たちは、やはり薩摩から来た人は
信じていませんね。今までいろんなことがあったん
でしょうね。

こんな中で、お世話になっている龍家の当主、龍佐民(柄本明)
が砂糖隠しの疑いで田中がいる(近藤芳正)代官所に
捕縛されてしまいます。砂糖の取れ高が少ないので
わざと捕縛して少ない理由を隠し持っていたということに
したかったんでしょうね。いやな役人です。演技者の
近藤芳正さんが嫌な役を上手に演じています。

当主たちを取り戻すためとぅまたち島民が代官所に
押し寄せてきます。代官所を襲うことは重罪です
わかっていて行動するということはよっぽどのこと
だったのでしょう。しかしここぞというときに吉之助が
助けに来てくれます。さすがです。

代官所の田中は許さなということで薩摩に上申書をあげる
つもりでしたが、吉之助(菊池源吾)を監視している役人から
菊池源吾の本当の正体を知らされます。
西郷とわかり上申書の提出をやめました。島民たちも
吉之助のことを悪いことをして島に来たのではなく
良いことをして島に来たんではないかとわかってきました。

とぅまは自分の夫は島からやってくるとわかっており
それは吉之助であると本人も思っていたようで。
そしてお互い好意があること一緒になりました。
とても”良か”ことですね。とても幸せそうです。
永く永く幸せが続けばよいのですが・・・・・
しかし他の島の人たちは、やはり薩摩から来た人は
信じていませんね。今までいろんなことがあったん
でしょうね。

こんな中で、お世話になっている龍家の当主、龍佐民(柄本明)
が砂糖隠しの疑いで田中がいる(近藤芳正)代官所に
捕縛されてしまいます。砂糖の取れ高が少ないので
わざと捕縛して少ない理由を隠し持っていたということに
したかったんでしょうね。いやな役人です。演技者の
近藤芳正さんが嫌な役を上手に演じています。

当主たちを取り戻すためとぅまたち島民が代官所に
押し寄せてきます。代官所を襲うことは重罪です
わかっていて行動するということはよっぽどのこと
だったのでしょう。しかしここぞというときに吉之助が
助けに来てくれます。さすがです。

代官所の田中は許さなということで薩摩に上申書をあげる
つもりでしたが、吉之助(菊池源吾)を監視している役人から
菊池源吾の本当の正体を知らされます。
西郷とわかり上申書の提出をやめました。島民たちも
吉之助のことを悪いことをして島に来たのではなく
良いことをして島に来たんではないかとわかってきました。

とぅまは自分の夫は島からやってくるとわかっており
それは吉之助であると本人も思っていたようで。
そしてお互い好意があること一緒になりました。
とても”良か”ことですね。とても幸せそうです。
永く永く幸せが続けばよいのですが・・・・・
しかし他の島の人たちは、やはり薩摩から来た人は
信じていませんね。今までいろんなことがあったん
でしょうね。

こんな中で、お世話になっている龍家の当主、龍佐民(柄本明)
が砂糖隠しの疑いで田中がいる(近藤芳正)代官所に
捕縛されてしまいます。砂糖の取れ高が少ないので
わざと捕縛して少ない理由を隠し持っていたということに
したかったんでしょうね。いやな役人です。演技者の
近藤芳正さんが嫌な役を上手に演じています。

当主たちを取り戻すためとぅまたち島民が代官所に
押し寄せてきます。代官所を襲うことは重罪です
わかっていて行動するということはよっぽどのこと
だったのでしょう。しかしここぞというときに吉之助が
助けに来てくれます。さすがです。

代官所の田中は許さなということで薩摩に上申書をあげる
つもりでしたが、吉之助(菊池源吾)を監視している役人から
菊池源吾の本当の正体を知らされます。
西郷とわかり上申書の提出をやめました。島民たちも
吉之助のことを悪いことをして島に来たのではなく
良いことをして島に来たんではないかとわかってきました。
愛かな2.jpg
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180314004...から引用
とぅまは自分の夫は島からやってくるとわかっており
それは吉之助であると本人も思っていたようで。
そしてお互い好意があること一緒になりました。
とても”良か”ことですね。とても幸せそうです。
永く永く幸せが続けばよいのですが・・・・・






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第18話は流人 菊池源吾です [ドラマ]

西郷どん感想あらすじ第18話は流人 菊池源吾です

吉之助は入水自殺を図りましたが助かったんですね。
残念ながら月照は天国に召されました。しかしこれは、
吉之助、西郷どんは運よくというのでしょうか
本人も自分だけが生き残ったため罪悪感はなんともいえなかった
でしょうね

その後の西郷の維新の活躍を見れば天が見放さなかったと
いうことでしょうか?西郷にはまだまだやってもらうことが
あるので生かして置いたのでしょうか?西郷、33歳ぐらいの
話ですね。そういえば坂本竜馬は31歳ぐらいでしたね

薩摩藩にとっても非常に扱いにくく死んでしまったほうが
良かったのでしょうか?でも薩摩藩の生かしておいて、
菊池源吾と名をあらためて島流しをさせました。

この島流しは吉之助にとっても自分を見つめ直す
良い機会だったのかもしれません。西郷は終生、贅沢を
しなかったということを聞きます。この時の島民の
貧しいい生活を知ったからかもしれません。
吉之助は当初、島に来たときは変人扱い・・・
しかし時間がたつにつれ、やはりここでも一目置かれるように
なります。西郷どんは本当にすごいです。これはやはり
西郷どんの行動がそうさせるのでしょうか?西郷どんは
この後、どこに行っても神格化されます。ここで
2番目の奥さんをもらいうと思うのですが、
愛加那.jpg
https://trendnoki.com/30545.htmlから引用
愛加那でしたね。今後の二階堂ふみさんの演技に注目です。
たのしみです。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第17話は西郷入水です [ドラマ]

幕府、井伊大老の標的は西郷吉之助と月照
必死になって薩摩を目指します。
なんとか薩摩にたどり着きましたが
隠れて生活するしかありませんでした。特に月照は。

一方江戸では天璋院(篤姫)が将軍、家茂と会っていました
井伊大老が吹き込んだと思われるのですが天璋院をよく
思っていませんでした。とてもつらそうでした。
でも天璋院は大奥に残ることを決心していました。さすが
篤姫ですね。負けないでほしいです。幾島は残念ですが
大奥を去っていきました。

さて薩摩では、なんとあの斉興が復活していました。
なんとも不気味で、鹿賀丈史さんの演技が凄すぎます。
さすがの名優、悪役っぽい役、絶妙ですね。
斉興.jpg
吉之助、月照のお許しを願うため大久保正助どんが
奔走します。西郷が救われる条件は月照を切れば
吉之助は助かるとのことでしたが
つらそうでしたね吉之助は。

吉之助と月照を乗せた舟が錦江湾を進んでいました。
それを見届けた正助が西郷家に寄ると、
熊吉が吉之助が大事にしていた斉彬形見の短刀が
床の間に飾られていると言いだしました。

正助は、吉之助が月照を殺すのではなく、
共に死ぬことを選んだことを悟りました。あとを追っかけますが・・・
どうなるのでしょうか?
吉之助は・・・・






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第16話は斉彬の遺言です [歴史]

西郷どん感想第16話は斉彬の遺言です

突然、斉彬公が亡くなりました。本当に突然です。
これからという時に・・
吉之助や橋本左内、月照、など万事休すといったところです。
あとは水戸家に頼るしかないと、京都に島津藩が京都に来ると
いうことで話はできていたのですがそれも終わってしまいました。
板垣.jpg
気がつけば井伊直弼の権力がとても大きくなってしまいました。
水戸斉昭も蟄居・・・そして息子の一橋慶喜公も蟄居状態
3年間も蟄居をしたといっていました。

そしてあの悪名高き安政の大獄が始まりました。
反幕府はことごとく捕縛、処刑されました。これは、
吉之助と月照にも及びます。あの橋本左内も捕まって
しまいました。吉之助は月照をつれて薩摩に逃げようとしました
道中、2人の手配書はすでにまわっていましたね。

西郷吉之助は気がつけば本当に歴史の中心にいたんですね。
井伊大老、長野主膳のターゲットになるまでになるなんて・・・
いろんな施策を打ち出し、薩摩藩の中でも中心人物です。
このあと最後は島ながしに2回遭いますがそれでもめげず
薩摩藩、日本の中心人物になっていきます。

しかしこのタイミングで主よな人物が次々に亡くなっていきます
老中阿部正弘、13台将軍、家茂そして島津斉彬
これは偶然なのでしょうか?おそろしくドロドロしています
これから一気に明治維新を迎えていきます
負けるな吉之助!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想あらすじ第15話は殿の死です [ドラマ]

西郷どん感想第15話は殿の死です

この15話は謀略といいましょうか、ドロドロ感が前面に
でていました。

西郷も左内も月照もみんな次期将軍は一橋慶喜公と思っていました
普通ならそうですよね。私も絶対喜んでいたと思います。

しかし・・・篤姫と庭でお話していた将軍・家定が突然
苦しみだして倒れました。

意識が薄い中、寝所には井伊直弼ただ一人、何やら怪しい
怪しい動きがありました。実際はどうだったのでしょうか?
後のいろんな動きを見ると井伊直弼がきっと陰謀をやって
いたんでしょうね。気が付けば大老ですか・・・
幕府の実権を握ってしまいます。次の将軍は慶福公・・・
水戸派(斉彬)は敗れ去ってしまいます。
篤姫も井伊直弼を一喝しましたが時はすでに遅し
傷心なのなかで西郷は帰郷します。斉彬も意気消沈していました
お庭役も解かれてしまいました。実家に肩を落として帰って
来ました。しかしその中で盟友、正助どん(大久保利通)は
吉之助に喝を入れました。突拍子もないことを言って
問題を解決するのは吉之助じゃと 本当に正助どんも
すばらしい男ですね。

吉之助は薩摩の兵を京都にと、斉彬に進言します。
大胆な発想ですね。幕府の政を改めるには、最高の施策かも
しれませんね。

その中で家定の死が篤姫にも知らされます。いろんなことで
井伊直弼が隠していたようですね。

吉之助が京都に先に登ります。これからです、本当に・・・・
しかし本当の試練が待ち受けているようです。
斉彬が亡くなったと・・・・
これから西郷の1回目の島流しになっていくんですね。こんな重要な時に
世の中が大きく変わろうとしています。
西郷どん.jpg
http://springstar.hatenadiary.jp/entry/2018/01/08/...から引用
がんばれ吉之助、がんばれ西郷どん!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西郷どん感想第14話は慶喜の本気です [ドラマ]

この14話も暗躍といいましょうか、謀略が前面に
でていた話となっていました。

慶喜公は煮え切らず、西郷と橋本佐内が動き回るシーン
慶喜を次期将軍に説得するというシーンが多かったです
橋本佐内.jpg
https://taigatv.net/2018/18kanren/sanai/から引用
そして裏で井伊直弼、長野主膳が動き回っていました
吉之助は井伊直弼と謁見し、話をしているシーンがありました
実際はどうだったのでしょうか?
それにしても吉之助はどんどん幕末の主要人物と会っていきます。
長野主膳.jpg
https://twitter.com/maki_lowell_poi/status/9766000...から引用
この時期の行動がその後吉之助の行動に表れているんですね。
ドロドロしすぎですね。井伊直弼はもちろん、島津斉彬、水戸斉昭
福井の松平慶永、みんな裏で行動していたんですね。

阿部正弘が亡くなったあと、徳川家定、そして島津斉彬と
どんどん亡くなっていきます。ドラマを見ていると
偶然なのでしょうか??? 暗殺では?こんなに人の命は
すぐに亡くなるものでしょうか?信じられないタイミングで
みんな亡くなっていきます。井伊直弼と長野主膳のコンビ
だったら暗殺をやっているような感じさえします。

篤姫の輿入れもそうですもんね。薩摩藩の陰謀ですもんね!
この14話は、暗躍ばかりでした。明るく描いてはくれている
西郷どんですが、ところどころにまだ先で陰謀、暗躍が
つづきそうです。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -